24話 涼宮ハルヒの果汁

http://www.pokka.co.jp/company/news/2010/100510_01.html
ツンデレ青春レモン味!
「涼宮ハルヒの果汁」
~「月刊ニュータイプ」25周年記念コラボレーション企画 ~
限定5000セットを、5月10日より受付開始、7月7日新発売

ダメだなー
いやぁ、面白いじゃん。これ。
どこが?
まず、企画が馬鹿すぎていい。元一部上場の大企業ポッカでこれをやる根性が素晴らしい。
あのー角川も一部上場してるんですけど?
あそこは馬鹿やってなんぼだから、いいんだよ。ポッカは飲料の会社なんだから、ブランドイメージとか考えなきゃダメだろ。
普通さぁ、この手のノベルティーものって、有象無象のパッカー使えばいいんだからさー、ポッカとは言え名前出しちゃうのがすごい。

まぁ、普通は、サンガリアとかじゃないんだから、もう少しブランド考えるよね
だから、多分、この元になってるキレートレモンを宣伝したいんじゃないかなぁ。カートカンの宣伝とか。何か無いとやらんだろ。
でも、これじゃ宣伝にならないよね?
もう少し、名前にえぐさが欲しかった感じかなぁ。
例えば?
「涼宮ハルヒの聖水」とか。
マゾ系マニアに大人気!!
「涼宮ハルヒの水筒」とか。
あの人、水筒なんてキャラじゃないよ
「キョンの妹が入れたお茶」とか。
ああ、何となく飲んでみたい気がする
「長門が入れたお茶」とか。
なんか、無限に湧いてきそう
「みくるの涙」とか。
ちょっと甘酸っぱい感じがするね
「鶴屋さんのおいしいお水」とか。
ただの水道水だろ
「エンドレスエイトコーヒー」とか。
なんか、目の覚めるような苦さを感じるね
でも、一番面白いのは、プレスリリースに乗っけて、日経に載っちゃう馬鹿さだよなー。
どう考えても、重役会議通ってるよね?
そうそう、おっさんどもが集まって、パワーポイント使って、「この商品はわが社のイメージにあっとるのかねチミ」とか、「このツンデレっていうのは何かねチミ」とか、担当ネチネチやってるのが想像できていい。
ポッカなのにコーヒーでやらない所にも、そのあたりの意図を感じるよね
だなー。流石にコーヒーだと「ブランドが云々」って言うだろうな、普通の感覚だと。だから、レモン系飲料の製造ラインがよほどヒマなんじゃないの?とか、そんな感じがするよな。
値段は、30本カートン+カード1つで5800円かー。5000セット売って2900万円。どうなのかなー、これ
まぁ、正直、お付き合いの範囲って感じだよね。多分、版代とか考えると利益1000万も出ないし。
カードを2種類用意して、客単価10000円越えを目指そうとか、ミエミエなセコさもとっても素晴らしいよね
そう、ジュースに付けるカードを変えて売ろうって、誰でも考えそうなことを安直にやる所もいい。
ぼったくりって訳でもないよね?
1本200円切ってるくらいだから、そんなにぼったくられてる感じはしないよね。その辺の計算もとても素晴らしい。
エクセルだけで経理考えちゃうような計算だけど。
中身は、ずっしり重い7kgとかでしょ。素晴らしい重量感じゃないの。
釣られて2つも買ったら、邪魔でしょうがない。
非常時の水分補給用として是非コレクション棚に!!って言い訳する感じ?

このプレスリリースは、「株主にきちんと説明しないと」っていう、プレッシャーみたいなのを感じるよね
その辺も、上を気にしているサラリーマン的な感じがして、とても美しい。リリース読めば読むほどじわじわ来る面白さがある。慇懃無礼みたいな面白さ。
でもさー、今時、「ツンデレ青春レモン味」ってどうなのよ?
ちょっと、マニア感が足りないよなー。爽やかにすれば夏向けとか考えちゃってるのかしら?
正直、18禁同人誌みたいなネーミングだよね、これ。

買う?
買うわけないだろ、エンドレスエイトの恨みがあるのに。
1本200円で小売したら、敬意を表して1本だけ買うけど、30本もいらねーよ。
エンドレスにキレートレモンなんて悪夢だ。

だよなー

にほんブログ村 お笑いブログ 自作面白ネタへにほんブログ村 アニメブログへにほんブログ村 株ブログ 専業投資家へ
[PR]
by fujisobadan | 2010-05-10 14:46 | 雑談