155話 インド家庭ではナンは食べない?

インド家庭では「ナン」を食べない?(Excite Bit コネタ) - エキサイトニュース
http://www.excite.co.jp/News/bit/E1283838662925.html
その理由は、ナンが大きく、また管理が大変な「タンドール」という釜で作られるものだから。一般家庭には「タンドール」があまりないので、なかなか作れないのである。

もっちりして美味しいよね、ナン
うまいんだけど、食べるバランスが取りにくいんだよな。カレーがしゃぼしゃぼだと特に。必ずナンかカレーが余る。
あー、ボテッとしてるやつなら乗せて食べればいいけど、さらっとしてるとシジミの味噌汁食べてるような感覚になる。シジミだけが残ってどうしようみたいな
最後にずずっと具だけをすするとか。
それ、いいのかなぁ? まぁ、うちらはスプーンで食べるからいいけど、右手だけで食べる人々ってどうやってるのかしら?
インドじゃ右手しか使わないらしいとか、スプーンもあまり使わないらしいとか聞くけど、どうやって残さずきれいにバランス良く食べるのか想像出来ない。
インド料理の作法って良く聞くんだけど、他人の食事を最初から最後まで映すような資料映像ってないんだよね
日本人でもそんな映像はないぞ。
インドに行ったら真似すればいいだけなんだろうけど、気になる
別にヒンズー教徒じゃないし、インドの田舎で食事に招かれることも恐らく一生ないだろうから、どうでもいいけどな。
スプーンがあれば、どう食べようと些細なことではあるけど、インドの美的感覚としてどうなんだろうというのは、食べるたびに思うわ
慣れたらバランス良く食べられるのかな。面倒だから、スプーンでごはんという方向に逃げるけど、ナンも捨てがたい魅力があるから。
ここで出てくるチャパティーは、あんまり食べないよな
クレープとチヂミのあいのこみたいなものでしょ。配合見ると、対粉で70%の水だから、生地は柔らかい団子だろうし。

【チャパティ(約8枚分)のレシピ】
<材料>
・アタ(全粒粉) 500g
・水       350cc
・塩       12g(小さじ2)
・アルガンオイル 50cc(なくてもよい)

しかし、50ccの油を「入れても入れなくてもいい」って、相当いい加減なレシピだよな、これ。
入れたらベロベロになるな。アルガンオイルって知らないけど液状の油のようだし
全粒粉を使うんだな。あまり近くにないんだよなー。
中力の全粒でしょ、インドだと。北海道小麦の全粒が一番近いのかな。質的には
日本みたいに製粉技術が発達してると、細かく等級を分けるけど、あっちじゃ、ふすまと粉くらいにしか分けないらしいね。
日本の粉って品質いいらしいし
全粒も大手じゃ細かく分給した後に相手の要望に応じて混ぜてるから、ふすま買って混ぜても同じようなものだけど。
三温糖並みのイメージ先行商品だよな。ふすまと薄力と強力を適当に混ぜれば大体のものは作れる
薄力・強力って分けて粉だけ売ってる国はそんなにないらしいね。粉だけだと中力のみみたいな感じで。スーパーに行くと大体プレミックスで、ピザミックス、ケーキミックスみたいなのがどかんと売ってるだけだし。
お菓子とか作らないならオールパーパスだけで十分なんだけど、日本の場合天ぷらが困るからな
チャパティーはかなり適当でOKっぽいから、別に何使ってもそんなに問題はないだろう。
全粒は焼き上がりが香ばしいから、色がどうでもよければ素朴で美味しいだろうなー。食べたいけど、日本じゃ滅多に見ないよな
インド料理屋って壷は標準装備だからなぁ。壷があればナンだろう。イメージ的に。
ナンが食べたいから壷を用意する奇特な人もいるけど
@nifty:デイリーポータルZ:でかい壺を買った ~石鍋でナンを焼く~
http://portal.nifty.com/2008/08/10/b/
@nifty:デイリーポータルZ:さあ、大きな壺でナンを焼こう
http://portal.nifty.com/2008/09/29/b/
古賀さん、面白いなぁ。17kgある壷を買うってすごい。
信楽とか益子とか行くと必ず大きな壷はあるけど、買ってる人なんていないもの
しかも、最後は割れてるし。
落ちがいいな
耐火の壷なんて家庭料理じゃ無理な装備だ。
壷代で、インド料理屋行ってプロに作ってもらった方がいいよな
ジャパニーズカレーにごはんでいいよ。

にほんブログ村 お笑いブログ 自作面白ネタへにほんブログ村 ニュースブログ 面白ニュースへにほんブログ村 株ブログ 専業投資家へ
↑上のランキングは気に入ったら押してくれ。金にはならん。単なる自己満足だ。
↓下の広告はエキサイトが勝手に入れてるので、俺は知らん。変なのは押すな。
[PR]
by fujisobadan | 2010-09-18 16:06 | 雑談