315話 あまくち暴君ハバネロ

元祖ウマ辛スナック 「帰ってきた暴君ハバネロ」「あまくち暴君ハバネロ」新発売
http://tohato.jp/news/news.php?data_number=727
ハバネロを80%カットした、辛いものが苦手な人のための「あまくち暴君ハバネロ」が新たに登場いたします。
「あまくち暴君ハバネロ」は、従来の「暴君ハバネロ」に対して、配合するハバネロの量を80%カット。「暴君ハバネロ」は辛すぎる!という方にもお楽しみいただける、辛さを抑えたウマ辛スナックです。リングのサイズも暴君史上初のこつぶサイズで食べやすくなりました。
2011.3.21新発売
ハバネロ80%カットの暴君ハバネロって、誰が買うの?
プリン体80%カットとは訳が違うよな。それに「あまくち」って言われると、ものすごい違和感がある。
「ちょい辛」とかにしないと、話が解りづらいよね
でも、辛口⇔甘口って対義語になってるんだし、「ハバネロ」ブランドで出している限りそんなに勘違いもされないのか。
まぁ、甘口のハバネロって聞いたら、砂糖で甘いハバネロというよりも、辛さ控えめのハバネロというイメージにはなる
せめて、「暴君ハバネロ『あまくち』」にして欲しかったなぁ。
なにが違うの?
「『あまくち』暴君ハバネロ」って言葉のすわりが悪い気がするんだよね。ハウスバーモントカレー『甘口』みたいに、ブランド名の後ろに味を持ってきてくれないと。
なにか意図があるのかな?
珍しいネーミングでインパクトが強いとか、その位は考えてそう。
「暴君ハバネロ『あまくち』」だと、暴君ハバネロ好きな人の中の一部しかターゲットにしてなさそうだけど、「『あまくち』暴君ハバネロ」は新しいブランドみたいだとか
ま、そんな感じか。多分。知らんけど。
俺たちみたいに「なんで甘口やねん」ってツッコむのを待ち受けてるボケの一種ということか
いちいちマーケティングのエサになる俺様かわいい。
甘口といえば、キャラメルコーンのパッケージがすごい事になるらしいな

キャラメルコーン誕生40周年記念 国民的マンガ家が描いた期間限定パッケージが登場!!
「さくらももこ キャラメルコーン」
「藤子不二雄(A)キャラメルコーン」
「池田理代子 キャラメルコーン」
「手塚プロダクション キャラメルコーン」
2011.3.14から月1品ずつ期間限定発売
http://tohato.jp/news/news.php?data_number=722

まるこ(3/14~)


ハットリくん?(4/18~)


誰?(6月中旬~)

誰だろう?
アトム風?
リボンの騎士かな?
確かに誰か解らないけどイメージ捉えてるわ。プロはすごいな。
でもやっぱり一番いい出来なのは、我らが池田理代子先生だよなー

ベルバラ(5/16~)

素晴らしいなぁ。
顔芸の一種としても存在感あるし
瞳の中に宇宙を描かせたら天下一品だな。
GW明けにはこれが店に並ぶんだろ
誰得。じゃない胸熱。
お前わざとだろ?
 
にほんブログ村 お笑いブログ 自作面白ネタへにほんブログ村 ニュースブログ 面白ニュースへにほんブログ村 株ブログ 専業投資家へ
[PR]
by fujisobadan | 2011-02-27 17:16 | 雑談