436話 この夏はイタリアが熱い(8/4~5相場まとめ)

4日の市場介入 過去最大規模 NHKニュース
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20110806/k10014736591000.html
政府・日銀は、4日、歴史的な円高に歯止めをかけるため、外国為替市場で円を売ってドルを買う市場介入におよそ4か月半ぶりに踏み切りました。関係者が明らかにしたところによりますと、市場介入は東京市場に続いてロンドン市場でも断続的に行われ、使われた金額は一日当たりの円売りドル買いの介入額としてはこれまでで最も多かった去年9月15日の2兆1249億円を上回り、過去最大規模であることが分かりました。具体的な金額は明らかになっていませんが、日銀が公表している資料では週明けの8日に政府の預金から民間側におよそ4兆4600億円が支払われることになっており、市場関係者の間では、その多くが介入資金の支払いではないかという見方が出ています。このように政府・日銀は市場介入に多額の資金を投入しましたが、その後も外国為替市場で1ドル=78円台前半まで円高が進むなど、円高ドル安の流れを大きく変えるまでには至っていません。
えっ、4兆5千ぶっ放したのかwww
その割に全然効いてないな。2兆円くらいだと思ってた。
各国財務省が文句言ってるくらいだから、ファンドが円ロング貯めただけだったりして
ドル円30分足
d0156892_12175634.jpg

ドル円日足
d0156892_12184969.jpg

一応きっちり3円動かしました。どうもありがとうございました。という感じ
てっきり、雇用統計が出てからやると思ってたわ。
4日に日銀砲ぶっ放したのは、雇用統計が悪そうだから先にやっておく、という噂もあった
結局、そんなに悪くなかったんだよな。

米雇用者増11万7000人、市場予想上回る 失業率9.1%  :日本経済新聞
http://www.nikkei.com/news/headline/related-article/g=96958A9C93819499E2E7E2E19C8DE2E7E2EAE0E2E3E3E2E2E2E2E2E2
d0156892_1220312.jpg米労働省が5日発表した7月の雇用統計によると、非農業部門の雇用者数(季節調整済み)は前月を11万7000人上回った。10カ月連続の増加で、3カ月ぶりにプラス幅が拡大した。失業率は9.1%となり、前月比0.1ポイント改善した。

これを受けて、株が戻ったけど、イタリア国債ネタが広がって急落したり、戻したり、もうジェットコースター
参加者少ないのに、材料が多すぎて判断しきれない感じだよな。
日経225先物 8/5夕場5分足
d0156892_12213772.jpg

日経225先物 日足
d0156892_12224336.jpg


NY株、400ドル幅で乱高下 終値は60ドル高  :日本経済新聞
http://www.nikkei.com/news/headline/related-article/g=96958A9C938190E59B9393E2E78DE2E4E2EAE0E2E3E3E2E2E2E2E2E3
ダウmini先物 8/5 5分足
d0156892_12235444.jpg

ダウmini先物 日足
d0156892_12244174.jpg

ダウも足が悪いなぁ
買えるチャートじゃないよね。もう1本カンヌキが入らないと。

伊改革相「ECBがイタリア国債購入へ」 財政再建前倒しも  :日本経済新聞
http://www.nikkei.com/news/latest/article/g=96958A9C9381959FE2E4E2E29A8DE2E4E2EAE0E2E3E39C9C97E2E2E2
5日の欧州国債市場で、イタリアの10年物国債の利回りは6.1%、スペインは6.0%台となり、1年3カ月ぶりにイタリアがスペインを上回った。先行して利回りが急上昇していたのはスペイン国債だったが、ここにきてイタリア国債と逆転。イタリアは、国内総生産(GDP)比で120%に達する債務残高の多さや政局の不透明感が悪材料視されている。
G7財務相緊急会議の開催要請へ 欧米首脳が電話協議  :日本経済新聞
http://www.nikkei.com/news/latest/article/g=96958A9C9381959FE2E4E2E29D8DE2E4E2EAE0E2E3E39F9FE2E2E2E2
メルケル首相の報道官はロイター通信に対し「欧州連合(EU)によるギリシャ支援に関する合意を早期に実施することで一致した」などと語った。EUは7月21日、総額1600億ユーロ(約18兆円)規模のギリシャ向け第2次支援を決めている。支援の着実な実施をアピールし、市場の混乱を鎮める狙いがある。
5日の欧州国債市場ではイタリアの10年物国債利回りがスペイン国債を上回った。ギリシャの財政赤字に端を発した南欧諸国の信用不安は歯止めがかからず、ヘッジファンドなど投機筋による国債売りで両国債は危機ラインに近づいている。
米政府の一部では、欧州各国の対応が遅く、金融市場などへの影響が長引いているとの不満がたまりつつある。
イタリア国債10年 銘柄詳細 | 分析ツール| Bloomberg.co.jp ブルームバーグ - 世界の最新金融情報サイト
http://www.bloomberg.co.jp/apps/quote?T=jp09/quote.wm&ticker=GBTPGR10:IND
d0156892_12263855.jpg

ドイツ国債10年もの
http://www.bloomberg.com/apps/quote?ticker=GDBR10:IND#chart
d0156892_12272362.jpg

スプレッドすごいよな
同じ10年もので、同じユーロ建ての国債でイタリア6.2%、ドイツ2.3%。これで同一通貨で運営って無理だよね。
イタリアもこの水準が続くと財政回らないけど、こんな時に自国通貨安が起こらないから、輸出で儲けたり出来ないのが痛い
さすがにイタリア国債が飛ぶようだと、大恐慌が起こるぞ。
ユーロ解体までこの相場は続くのかな
この夏はイタリアが熱い。
下手すりゃ、ほんとにファンドがイタリアとユーロ叩き潰す相場になりそう
そうすると次は日本もターゲットになる訳だが。

史上初、米国債格付け引き下げ…S&P : 経済ニュース : マネー・経済 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20110806-OYT1T00216.htm
米格付け会社のスタンダード・アンド・プアーズ(S&P)は5日、米国の長期国債格付けを最上級の「AAA(トリプルA)」から、「AA(ダブルA)プラス」に1段階引き下げたと発表した。
米国債の格付けが最上級から転落するのは史上初。ドル売りや米国の株安が進み、円高が加速する恐れもある。
S&Pは格付け見通しを「ネガティブ(弱含み)」とした。10年間で2・4兆ドルの財政赤字削減策を盛り込んだ予算管理法が2日に成立したものの、「中期的な米財政運営の安定化には不十分」と格下げ理由を説明した。
もう、どこもかしこも通貨の叩き売りだな
さすがにAAAだと思ってた人はいないだろうけど。

asahi.com(朝日新聞社):中国の評価会社、米国債を格下げ 「政治体制の弊害」 - ビジネス・経済
http://www.asahi.com/business/update/0803/TKY201108030560.html
中国の格付け会社「大公国際資信評価」は3日、米国債の格付けを「Aプラス」から「A」に1段階引き下げた。国際金融市場への影響力は乏しいものの、1兆ドルを超す米国債を持つ最大の保有国が注ぐ視線は厳しい。
ちょww おまwww
ま、普通の国から見たらネタにしか見えないよね。
中国債の格付けは上から2番目の「AAプラス」としている。
さすがに米債は中国債より信用あるってww
アラブの商人に元建てで石油輸出してって言っても、笑われるだけだよな。
ユーロだって鼻であしらわれてたのに

にほんブログ村 お笑いブログ 自作面白ネタへにほんブログ村 ニュースブログ 面白ニュースへにほんブログ村 株ブログ 専業投資家へ
[PR]
by fujisobadan | 2011-08-06 12:30 | 雑談