473話 リチウムイオン電池の特許総合力ランキング

この所、相場ひどいね
全業種ボロボロというわけではないから何とかなるけど、疲れる。
ギリシャデフォルトになるとかならんとか騒いでるけど、もうその話は終わっただろうに
ドイツがユーロ安で儲けた10兆円のうちのなんぼかをEU域内にばら撒けばいいだけ。あいつらガメつ過ぎなんだよ。
円高過ぎて機械株がメチャメチャだよな
あれは「中国オワタ」という話とミックスだからややこしい。大手のファンドが潰れたような勢いでバッサバッサ売りやがるから、ビビる。
ま、この話はまたそのうちまとめよう
さて、本日はリチウムイオン電池の特許の話。
なんかどうでも良さそう
パテントリザルトが特集組んだし、技術力がある会社はなんだかんだ言っても強いからさ。株価の確認も含めて調査ということで。

全固体型リチウムイオン二次電池、特許総合力トップ3は出光、パナソニック、トヨタ | 特許を活用した特許分析、経営分析のパテント・リザルト
http://www.patentresult.co.jp/news/2011/08/zenkotai.html
電気自動車や蓄電用途としてリチウムイオン二次電池が注目されていますが、従来型は有機溶媒を電解質と用いているため、液漏れや発火といった安全性に問題を抱えています。そこで、次世代型として、電解質に固体を用いた全固体型リチウムイオン二次電池の開発が進められています。
最も出願件数が多いのはパナソニックですが、2008年以降の出願は見られません。総合力の経時変化を見ると、当初はパナソニックが他社を圧倒していましたが、2008年以降、出光興産、トヨタ自動車が出願件数とともに大きく総合力を伸ばし、現在のような競合状況に至っています。
出光って、あのガソリンスタンドの
昔から、石油元売って化学兼営が多くて、素材もやってるんだよね。
普通、海外なら、資源探査ばかりだよね
化学の研究開発なら日本人だけで完結する仕事だから、経営が楽なんだろうな。海千山千の資源探査より、原油のクラッキングに力を注ぎがち。
パナが最近やる気がないらしい
もう、やり尽くしたという判断なのでは?
じゃ、どんどんコモディティー化していくんだろうな

リチウムイオン二次電池 電極添加剤、 特許総合力トップ3は日本ゼオン、ソニー、LG化学 | 特許を活用した特許分析、経営分析のパテント・リザルト
http://www.patentresult.co.jp/news/2011/09/denkyoku.html
電極用添加剤は、活物質と比べると市場であまり注目されていませんが、リチウムイオン二次電池の特性を引き出す上でなくてはならない重要な役割を担っています。
総合力1位の日本ゼオンは出願件数では4位ですが、登録特許件数では1位となっています。特筆すべき点は登録率(※2)の高さであり、分析対象の特許群全体での平均が60%のところ日本ゼオンは90%を超える値となっています。こうした無駄のない権利化への活動が高い総合力つながっているものと考えられます。
ゼオンは合成ゴム屋か
いい会社だと思うよ。技術力あるし。ゼオノアで出世した感じ。
光学フィルムだよね
世界で最もガラス板に近い光学特性のフィルムが作れる会社と言われてた。液晶パネルが値下がりしすぎたから、今も使われてるのかは知らないけど。
LG Chemが入ってる
キャッチアップ組は金かければ速いよな。

リチウムイオン二次電池 電極集電体、特許総合力トップ3は三洋電機、トヨタ自動車、三井金属鉱業 | 特許を活用した特許分析、経営分析のパテント・リザルト
http://www.patentresult.co.jp/news/2011/09/shudentai.html
電極集電体はリチウムイオン二次電池の容量や安定性などの特性を引き出す上でなくてはならない重要な役割を持っています。
本分析結果におけるもう一つの注目点として、総合力2位のトヨタ自動車が挙げられます。1位三洋電機や4位のソニーといったリチウムイオン二次電池のセルメーカーは集電体自体に関する特許と、集電体を加工(表面処理等)した電極に関する特許が同数程度ありますが、トヨタ自動車は集電体自体に関する特許が非常に多く、またその評価が高いということが特徴です。トヨタ自動車はリチウムイオン二次電池を内製していることが知られていますが、電極集電体自体についても高い技術を持っていることが伺えます。
トヨタはすごいね
日本の頭脳の結晶だから、力の入れ方がそこらの企業とは違いすぎる。
世界的にも珍しいよな、こんな会社
これだけ広範囲に特許戦線を広げられるのはすごいよ。足腰はしっかりしてる。
ドライに海外シフトすれば儲かるんだろうけど
トヨタって政府から一般市民まで、鬼の仇のように言うけど、他社より日本に拠点残しすぎなんだよね。
日産みたいにバッサリやったら投資してもいいんだけどね

【化学】特許資産規模ランキング2011 トップ3は富士フイルム、花王、積水化学 ~ 昭和電工が躍進 | 特許を活用した特許分析、経営分析のパテント・リザルト
http://www.patentresult.co.jp/news/2011/09/2011chem.html
1位 富士フイルムの注目度の高い特許には、「高輝度の有機EL素子」や、「デジカメ画像などのデータ転送装置」に関する技術などがあります。
また、2位 花王は、「おむつなどに使われる吸収性素材」や「インクジェット記録用の水系インク」に関する技術などが、3位 積水化学工業は、「電極間の導電性を高める粒子」や「熱伝導性感圧接着剤」に関する技術などが注目度の高い特許として挙げられます。
上位10社中で、昨年から最も順位を上げたのは、7位の昭和電工です。登録件数が前年比で大きく伸びたことなどが影響し、前年から12ランク上昇しました。固体電解コンデンサやカーボンナノチューブなどの分野で注目度の高い特許を保有しています。

d0156892_16424885.jpg

富士フィルムは強いな
TACフィルムがんばりすぎ。あ、TACフィルムというのも液晶用フィルムね。
フィルム屋の光学技術が生きてるよね。花王は素材はいいけど、コンシューマで無理しすぎるきらいがある
他社に素材供給するような会社だと二重チェックかかかるけど、自社一貫だとゴリ押しが出る時があるのは仕方がない。
積水化学って地味だよね
あそこ子会社関連会社が多すぎなんだよな。分散して間接部門が重過ぎる会社のイメージ。日立みたいに。
DICとか、昭和電工とか、渋い所が出てくるなぁ
意外と、旭化成が出ないな。
昭和電工がランキングに入るって思わないよ普通
昭和電工は儲けるの下手なんだよな。
さて、なんかいい所はあったかな?
全部買っちゃっていいだろ。
えっ
というかここから叩くって無理だよ。相場観的には買いの局面。
スイスの蜂起で少し為替の動きが変わってきたから、為替が反転すれば一気に行けるんだろうけど
増税考えてる政府と、緩和しない日銀がなぁ。
やっぱりネックはそこですかね

にほんブログ村 お笑いブログ 自作面白ネタへにほんブログ村 ニュースブログ 面白ニュースへにほんブログ村 株ブログ 専業投資家へ
[PR]
by fujisobadan | 2011-09-10 16:45 | 雑談